【HTML】ブラウザに表示させる簡単な方法

ブラウザで表示する HTML
スポンサーリンク

こんにちは。素人エンジニアです。

みなさんは、Webページの作り方って知っていますか?

私は最近まで知りませんでした。

YoutubeやAmazonなど、日常で色々なWebページを目にしますが、どうやって作られているのでしょうか。

今回は、そんなWebページ作成の第一歩を一緒に踏み出していきましょう!

ブラウザへ出力する3つのステップ

  1. テキストエディタで好きな文字を入力
  2. テキストを「〇〇.html」で保存
  3. htmlファイルをブラウザで開く

テキストエディタを使ってみよう

テキストエディタには色々なものがありますが、ここでは、Mac標準アプリの「テキストエディット」を使いましょう。Windowsユーザーの方は「メモ帳」を使ってください。

新規作成からテキスト編集画面を開き、あとは好きな文字を入力してOK!
私は、自身の願望を綴っておきます。

拡張子に.htmlを付けて保存

好きな文字を入力できたら、保存をします。ここで注意していただきたいのは、拡張子(ファイル名の末尾につけられる文字列)は.htmlとすることです。

フォーマットから「Webページ(.html)」を選択するか、ファイル名に直接.hmtlを入力して保存しましょう。

あとはファイルを開くだけ!

保存したファイルをブラウザで開きましょう!私はChromeをデフォルトブラウザとしているので、Chromeで開きます。みなさんは、ご自身の環境にあるブラウザで開いてください。

いかがでしょうか?テキストエディタで入力した文字が、ブラウザで出力されたと思います。

まとめ:ブラウザで出力するには、拡張子を.htmlにして保存しよう!

「なんだか味気ないなぁ」と思いませんでしたか?
かなり物足りないですよね。これから、HTMLの基礎を学べば、もっと自由なデザインのWebページを作ることができるようになります。(私も勉強中です。)

次回は、HTMLの基本的な書き方について一緒に学んでいきましょう!
以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました