【Eclipse】develop(親ブランチ)の変更をfeature(子ブランチ)に取り込んでconflictを解消する

Eclipse
スポンサーリンク

gitでリポジトリ管理をしていると、自分が作業している子ブランチと親ブランチの変更場所が重なり、conflict(対立)が発生することがあります。

私も最近、複数人で同じ機能を開発しているときに大量のconflictを経験しました。

ちょっとだけ困ったので、Eclipseで親ブランチの変更を子ブランチにマージする方法をこの記事に残しておきます。

Eclipseで親ブランチの変更を子ブランチにマージする

1. 作業しているブランチに移動

プロジェクトを右クリック > Team > Switch To から作業ブランチに移動します。

ここではfeature/testというブランチを用意しました。

2. 親ブランチの変更を作業ブランチにMerge

プロジェクトを右クリック > Team > Merge でMerge元の親ブランチを選択します。

feature/testの親ブランチであるdevelopを選択して、そのままMergeボタンをクリックするとMergeされます。

3. conflictがある場合は修正してコミットする
package sample;

public class HelloWorld {
	public static void main(String args[]) {
<<<<<<< HEAD
		System.out.println("conflict");
=======
		System.out.println("hello world");
>>>>>>> refs/heads/develop
	}
}

コミットした内容がconflictしている場合は、上記のように該当箇所にマークがされます。

マークされている場所を正しい形に修正してコミットすれば、conflictが解消されます。

プロジェクトを右クリック > Team > Commit から修正したファイルをステージしてCommitしましょう。

Commitのメッセージは自動生成されます。

以上、Eclipseで親ブランチの変更を子ブランチにマージすることができました!

Gitコマンドを学べる教材見つけました

Udemyというオンライン学習プラットフォームにてGitコマンドの無料学習素材がありました。

内容は入門という感じなのですが、独学でやるだけでは身に付かない知識が学べました。

無料なので、一度見てみるのもいいかもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました