不要なリモートブランチを一気に削除するコマンドのgit fetch –pruneはVSCodeでも実行可能

Git
スポンサーリンク

開発が忙しくなってくると、使わないブランチがどんどん溜まってきますよね。
特にリモートブランチはあまり認知できていないことがあるので、気がついたら大量に残っていることがよくあります。

この記事では、そんな不要なリモートブランチを一気に掃除できるコマンドを紹介します。
ターミナルだけでなく、VSCodeでも実行できます。

不要なリモートブランチを削除

ターミナルでコマンド実行

git fetch --prune

または

git fetch -p

git fetchコマンドに–prune(-p)オプションをつけることで、fetch前に存在しなくなったリモートブランチを削除してくれます。

私は、ブランチをマージした後などによく実行しています。

VSCodeで実行

macOSの場合は⌘+Shift+PまたはF1、Windowsの場合はCtrl+Shift+PまたはF1でコマンドパレットが開きます。

「git fetch」と入力すると、Git: Fetch(Prune)が検索結果に出てきます。
こちらをクリック実行するとfetch&不要なリモートブランチが削除されます。

私は、VSCodeのterminalで直接コマンド実行する派です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました