【HTML】いろいろなテキストの装飾

テキストの装飾 HTML
スポンサーリンク

こんにちは、素人エンジニアです。
自分の学習の記録として、HTMLについてブログ投稿しています。
今回は、HTMLタグで表現できるいろいろなテキストについてまとめてみました。

見出し <h1>~<h6>

どんどん小さくなりますね。

次は、文字の装飾を一気に見ていきましょう。

ごちゃごちゃしてますね。HTMLタグでテキストの装飾は出来ますが、現在はスタイルシートを利用して装飾することが推奨されているようです。せっかくまとめましたが、あまり使わないのかな?一応、それぞれピップアップしておきます。

段落 <p>

<p>はひとつの段落であることを表します。paragraphのpですね。<p>~</p>で囲まれた範囲が一つの段落になります。

太字 <b>

テキストが太字になります。boldのbです。強調するなら<strong>というタグもあります。
*こちらは、スタイルシートで指定した方がいいかもしれません。

斜体 <i>

テキストが斜体(Italic)になります。こちらも強調するなら<em>というタグがあるそうです。
*こちらは、スタイルシートで指定した方がいいかもしれません。

下線 <u>

テキストに下線(アンダーライン)を引きます。
*こちらは、スタイルシートで指定した方がいいかもしれません。

打ち消し線 <s>

打ち消し線を引きます。
*こちらは、スタイルシートで指定した方がいいかもしれません。

改行 <br>

改行させたいときに使います。break(改行)のbですね。

下付文字 <sub>

下付き文字として表示します。subscriptのsubのようです。

上付文字 <sup>

上付き文字として表示します。superscriptのsupのようです。

テキスト系のタグはいろいろありますが、スタイルシートを利用するともっと自由に装飾できるようです。cssも勉強していきます。


以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました