[Java] macにOracle JDKをインストールする方法

java Java
スポンサーリンク

こんにちは、素人エンジニアです。

この記事では、Java16を例にmacにOracle JDKをインストールする手順を紹介します。
Javaを使うエンジニアは、新しい開発環境やテスト環境を整えるたびにJDKをインストールすることになると思いますので、ストレスなくインストールできるようになると嬉しいですね。

Oracle JDKをインストールする手順

1. Oracle公式ページからJDKをダウンロード
Oracke公式ホームページ(https://www.oracle.com/jp/index.html

Oracle JDKは公式ページからダウンロードできます。
この記事投稿時点(2021/05/30)では、トップページ > 製品 > Java > Javaダウンロードの順にページを遷移すれば、Javaのダウンロードページにたどり着きます。

任意のバージョンのJavaを選択して、JDK Downloadをクリックしましょう。


インストールするOSによってダウンロードするインストーラを選択できます。
macであれば、macOS Installerjdk-[バージョン]_osx_x64bin.dmgを選んでください。

Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SEの内容を確認して、大丈夫であればチェックボックスにチェックをつけてダウンロードボタンを押します。

2. インストーラでJDKをインストール

ダウンロードが完了したら、インストーラを起動してください。

JDK [バージョン].pkgをダブルクリックすると起動します。


その後は、インストーラに表示される手順に従って進めていきます。


基本的に続けるで大丈夫です。

インストールをクリックすると、インストールが開始されます。
インストール先を任意の場所にしたいときは、ここでインストール先を変更…を選択して変更しましょう。

正常にインストールされましたと表示されれば、インストールは完了です!

3. Javaのバージョンチェック

最後にちゃんとインストールされているか、ターミナルでチェックしましょう。

java -version

このコマンドを実行して、インストールしたJavaのバージョン情報が出力されればOKです。

 % java -version
java version “16.0.1” 2021-04-20
Java(TM) SE Runtime Environment (build 16.0.1+9-24)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 16.0.1+9-24, mixed mode, sharing)

JDKのインストール先は、このコマンドでチェックできます。

/usr/libexec/java_home -V

インストールされているJDKの一覧が表示されます。デフォルトでは、/Library/Java/JavaVirtualMachines/にインストールされるようですね。

 % /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
    16.0.1 (x86_64) "Oracle Corporation" - "Java SE 16.0.1" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home

Javaのバージョンを切り替える方法をこちらの記事に投稿しました。

必要があれば、JAVA_HOMEのPATHを通してください。

以上です。

快適なJava開発ライフを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました