【Windows】cmdでlsが使えない?dirの便利な使い方5選

dirの便利な使い方5選 Windows
スポンサーリンク

こんにちは、素人エンジニアです。

この記事では、覚えておくと便利なdirコマンドの使い方5選を紹介します!

Windowsでファイル・ディレクトリ情報を表示するには?

unixを普段よく触る方は、間違えてlsと打ち込んだ経験があるのではないでしょうか?

cmd(コマンドプロンプト)ではdirを使ってファイルやディレクトリの情報を表示します。

dirコマンドの形式

dir [ファイル名] [オプション] [ディレクトリ名]

[ファイル名]
表示したいファイル名を記載。ワイルドカードが使える。

[オプション]
オプションを指定することで、表示対象の属性を指定したり、ソートしたりできる。

[ディレクトリ名]
表示したいディレクトリ名を記載。カレントディレクトリを表示するときは省略可。

オプションを使うことで、情報をよりわかりやすく表示できるようになります!

1. アルファベット昇順かつディレクトリを先に表示

dir /o:gn

オプション/o:で表示順を並べ替えることができます。

  • /o:n : 名称のアルファベット昇順に表示する
  • /o:g : ディレクトリを先に表示する

オプションを二つ組み合わせる時は、/o:の後に連続で指定しても大丈夫のようです。
順番には注意しましょう!

2. 日付の新しい順にファイルだけ表示

dir /o:-d /a:-d

オプション/a:で表示する属性を指定できます。
-d」のように「」をつけて指定すると、指定した属性以外や逆順で表示できます。

  • /o:d : 日付の古い順に表示する
  • /o:-d : 日付の新しい順に表示する
  • /a:d : ディレクトリだけを表示する
  • /a:-d : ディレクトリ以外(ファイルだけ)を表示する

3. ディレクトリ名とファイル名だけを表示

dir /b

オプション/bでディレクトリ名とファイル名のみ表示させることができます。

  • /b : ディレクトリ名とファイル名のみ表示する

4. 拡張子〇〇だけをアルファベット昇順で表示

dir *.〇〇 /o:n

ワイルドカードを使用することで、特定の拡張子または名称を持つファイルのみを表示できます。

5. 拡張子ごとにアルファベット昇順で表示

dir /o:en

拡張子ごとに表示することもできます。

  • /o:e : 拡張子のアルファベット昇順で表示する

/o:n(名称のアルファベット昇順で表示)と組み合わせると、より確認しやすくなります。

参考サイト:シンプルで一番わかりやすい!

コマンドプロンプト dir - [ファイル・ディレクトリの情報を表示する]
コマンドプロンプト :ファイル・ディレクトリの情報を表示する - ファイルやディレクトリの情報を表示させることができる。

こちらのサイトが、無駄な情報がなくて最もわかりやすいと思います。
オプションの一覧が知りたい方は、参考にしてみてください。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました