M1 MacにgoenvをインストールしてGo言語の開発環境を構築する

mac Go
スポンサーリンク

golangを使用して開発をする機会があり、どうせならバージョン管理ができるようにしようと思いました。そこで、goenvを使用してgolangをインストールする手順を書き残しておきます。

goenvとは

goenvはGoのバージョン管理をしてくれる便利なやつです。

GitHub - syndbg/goenv: Like pyenv and rbenv, but for Go.
:blue_car: Like pyenv and rbenv, but for Go. Contribute to syndbg/goenv development by creating an account on GitHub.

goenvのインストール

どうやら、goenvはbrewでもインストールできるようです。

brew install goenv

しかし、brewでインストールしたgoenvでは、最新バージョンのgolangを取得できませんでした。ですので、gitからとってくる方がおすすめです。

git clone https://github.com/syndbg/goenv.git ~/.goenv


インストール後、zshrcに次の3行を加えます。

export GOENV_ROOT="$HOME/.goenv"
export PATH="$GOENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(goenv init -)"

加え方は人それぞれだと思いますが、私の場合はこういう手順でやります。

  1. open ~/.zshrcでファイルを開く
  2. .zshrcの内容を変更して保存
  3. source ~/.zshrcで変更を反映

golangのインストール

goenvの準備ができたら、golangをインストールしてみましょう。
まずは、インストール可能なgolangのバージョンをチェックします。

% goenv install -l
Available versions:
  1.2.2
  .
  .
  .
  1.16.5
  1.16.6
  1.17beta1
  1.17rc1

なんとなく、1.16.6をインストールしてみましょう。

 % goenv install 1.16.6

グローバルで使用する設定も必要です。

$ goenv global 1.16.6

特定のディレクトリでそのバージョンを使用する場合はlocalで設定します。

$ goenv local 1.16.6

指定したバージョンがインストールされていたら、OKです。

% go version
go version go1.16.6 darwin/arm64

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました